メイン | 2006年12月 »

2006年11月 アーカイブ

2006年11月01日

準備中

makuai300250.png

2006年11月08日

感激プロの歌舞伎 中村吉右衛門さんらが紹介



 中村吉右衛門さんらが子どもたちに舞台の面白さを伝える「本物の舞台芸術体験事業」(文化庁、全国公立文化施設協会主催)が八日、南部町法勝寺の西伯小学校(丸山寛校長、四百六十人)で開かれた。児童らは小道具を使った立ち回りを体験したり、本物の演奏や舞踊の鑑賞を通して華やかな舞台表現に親しんだ。  中村さんは、ガマガエル姿からの早変わりで子どもたちの前に登場。「歌舞伎の世界で遊んでほしい」と語り掛け、ポーズを決めて動きを止める「見得(みえ)」や舞台に登場する動物、音楽や効果音など、歌舞伎独特の演出を分かりやすく紹介した。



 子どもたちは、役者が演ずる馬の背中に乗ったり、波の模様を描いた布や差し金で操る鳥など自分たちで作った道具を使った立ち回りに挑戦。また、中村さんが教諭の一人に隈(くま)取りを施すと、何重にも取り囲んで興味深そうに見守った。



 地元に伝わる法勝寺歌舞伎を次代に引き継ごうと活動する「こども歌舞伎」のメンバーも舞台に参加。五年生の木村勇樹君(11)は「せりふや動きが全然違った。中学生になれば大人の歌舞伎をやるので、指導してもらったことは役に立った」と、本物の役者の一挙一動を真剣に見つめていた。



 同事業は、優れた舞台芸術に触れることで子どもたちの豊かな心を養おうと企画。中村さんは「歌舞伎だけでなく、世界に誇れる日本独自の文化があると、実感してもらうきっかけになればありがたい」と子どもたちにメッセージを送った。 



日本海新聞 2006年11月8日


2006年11月13日

吉右衛門さん 中国地方で“課外授業”



400年の伝統芸能である歌舞伎に親しんでもらおうと、歌舞伎界の人気俳優、中村吉右衛門さんらが中国地方の小学校を訪れ、1カ月近くにわたる公演行脚を始めた。



東京新聞 2006年11月13日


2006年11月20日

吉右衛門が児童に歌舞伎指導



 子どもたちが本物の歌舞伎に触れる講座が20日、広島県安芸太田町の殿賀小であった。俳優の中村吉右衛門さん(62)たちの指導を受け、児童19人がポーズを決める「見得(みえ)」の動作や立ち回りに挑戦した。文化庁による舞台芸術体験事業(松竹製作)の一環。殿賀小は今回、歌舞伎の一行が訪れる県内の5小学校で最も児童数が少なく、夏休みに小道具の鳥やチョウなどを手作りして、この日を待ちわびていた。 



中国新聞 2006年11月20日


About 2006年11月

2006年11月にブログ「幕間」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2006年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。